動画編集に最適なノートパソコンのスペックとは?

ノートパソコンでも動画編集を楽しむ事ができますが、快適に作業するためにはどのくらいのスペックが必要なのでしょうか?

動画編集するためには、CPUならcorei5以上が必要ですが、より本格的に編集したいのであれば、より性能の高いCPUを選んだ方が処理速度が速くなって快適に作業できますよ。

メモリは最低でも8GBは確保した方が良いですが、16GB以上など容量が大きい方が作業も快適になりますし、機器によっては増設が難しい場合もあるため注意しましょう。

GPUが搭載されているパソコンを選ぶと動画の処理が高速化されて快適に作業できますが、使用する編集ソフトによっては必ずしも必要ないため、グラフィックボードは予算に余裕があるなら選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA