ノートパソコンとタブレットにはどんな違いがある?

ノートパソコンとタブレットは持ち運びができるという共通点がありますが、どんな違いがあるのか知っていますか?

ノートパソコンは一般的なデスクトップパソコンと同じようにマウスとキーボードを使って操作や入力を行います。

大体11インチから15インチのサイズから選ぶ事ができますよ。

タブレットはパソコンのようなキーボードとマウスが付属しておらず、代わりにディスプレイを専用のタッチペンでカーソル操作を行うのです。

10インチくらいのサイズが一般的ですから持ち運びやすいですが、画面の見え方や操作性パソコンというよりもスマホに近いと言えるでしょう。

似ているようで違いますので、よく比較して自分自身の用途に合う方を選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA